最強のモチベーション維持術

2Days集中企画の申し込み

先日、応募を開始した企画のご案内はこちらからどうぞ

2Days集中講座のお申し込みはこちらからお願いします。



2Days集中講座

(開催日は11/13,14です)

応募締め切りは、11/9 23:59です。枠が埋まる前にお申し込みください!!

どうも、BizCamp代表 伊藤です。

もうあと少しで2022年になりますね。

日数的にはまだまだあるような気もしますが、あと7〜8回休日を迎えたらもう年を越しますので…

誇張表現なしに本当にあっという間に時間が経つので、ビジネスをガシガシ構築していきましょう。

 

本業が忙しくて中々な時間が取れない方、趣味や友達付き合いでビジネスの優先順位が下がってしまっている方、他の人も色んな方がいると思いますが、

もし、まだまだ改善の余地がある方は、早め早めにビジネスの構築に力を入れた方がいいです。

 

当たり前すぎることなんですが、この

『適切な意識の設定』

ができているかどうかで結果は大きく変わります。

 

シンプルに「頑張って早く結果がでたら嬉しい」ということを思う方もいるかもしれませんが、

もう少し解像度高く捉えていく必要があります

 

キーワードは『機会損失』

 

時間軸を伸ばして考える

つまり、目の前のことだけではなく、半年後、1年後も未来のことまで考えてみると、

今、サボることによって、

『本来得られるはずの莫大な利益を失うこと』

が理解できます。

 

おおざっぱな例になりますが、たとえば、

Aさん:6ヶ月後に月収100万円稼げるスキルを身につける

Bさん:12ヶ月後に月収100万円稼げるスキルを身につける

という2人がいた時、どれだけの収益の差がつくのかといえば、Aさんの方が6ヶ月早いので、

『100万円✖️6ヶ月=600万円』

が収益の差になります。

 

本来得られるはずの利益を取りこぼしてるわけですから、サボればサボるほど、未来では資産が減っていると考えられます。

 

極端なことをいえば、

もし、あなたが月収300万円稼いでいるとしたら、1日サボるだけで約10万円(300万円/30日)の損失になるわけです。

 

「いや、まだ初心者でよくわからないことが多くて、全然行動できていません」

という人も多いんですが、目の前では損失を感じなくても、未来のあなたはその分だけ損失を出し続けています。

 

だから、

未来の自分はめちゃくちゃ稼いでいると仮定したら、1日でもサボったらだけでめちゃくちゃ損するってことじゃん。

ってことは….今の自分の1日の価値はめちゃくちゃ高いってことか。時間は1時間も無駄にできない!!

と、意識を設定してみるのです。

 

未来の自分から考えて、今の意識を設定すれば見え方が一気に変わりますし、そうすると、1日でも無駄にできなくなります

 

BizCampには大学在学中に月収200万円を突破した方もいますが、早いからこそ選択肢も可能性も一気に広がります。

 

やっぱり本気になるタイミングが早ければ早いほど得です。今日が一番若いわけですから、早め早めにビジネスを構築していくのが吉なわけですね。

 

いつものことですが、
前置きが長くなりました(笑)

 

さて、本題にまいりましょう!

今回のテーマは、

『最強のモチベーション維持術』

 

「ビジネスの構築を早くしなくてはいけない」と分かっていても、モチベーションが続かなくて辞めてしまう人って本当に多いと思います。

僕のその1人でしたし、めちゃくちゃ気持ちわかります。

 

今日はめっちゃやる気あるから一気に作業するぞ!

と深夜3〜4時まで作業して、翌日は爆睡をかましたり(笑)

用事を済ませて家に帰ってから作業をしようと思ったら、Youtubeの沼にハマったり、友達から飲みの誘いがきたり…

そして、

次第に最初あった熱量も落ちてきて、まったく作業しない日が増えてきて、気づけば1ヶ月まったく進捗がないってこともありました。

 

今日はそんなことに悩んでいる人に超具体的な解決策をお届けしようかと!

外部環境を味方につけたらモチベ維持が自動化される

さて、最強のモチベーション維持術、ですが…

 

結論からいいましょう。

 

外部環境をフル活用せよ

↑これを徹底すればOKです。

 

例えば、どういうことなのか?

 

感覚に落とし込むのがめちゃくちゃ重要なので、ちょっと僕が今から書くシチュエーションをリアルの想像してみてください

 

では、

『静かな図書館』

を少しイメージしてみてください…

こんな感じですね
↓↓↓

 

慌ただしい足音が聞こえず、人の雑談の声も聞こえない。

涼しいクーラーの音だけが、サァーーーーとかすかに聞こえるだけです。

携帯の着信音が鳴ろうものなら睨まれてしまうような空間です。

 

 

この環境って、

『絶対に大きな物音を立ててはいけない』

という暗黙のルールがありませんか?

 

そして、

 

図書館にいる人の全員の意識が

「集中すること」

に統一されている感じがしませんか?

 

価値提供という目に見えない場によって、影響を受けている感覚があれば、

それが外部環境が自分に与えている影響だと思っていただければと思います

 

他にも例をあげていきましょう。たとえば、

  • クラスの雰囲気が勉強モードだと、大学受験の合格実績が良くなる。
  • 家にある無駄なものを断捨離すると、心の中もスッキリする。
  • 1組男女のカップルが生まれると、同じコミュニティで次々とカップル成立する。

抽象的な事例ですが、周りの環境によって自分や周りの行動が変わって、実際的な結果に現れます。

 

そして、

 

その有名な例が、
『1マイルレース4分の壁』
の話です。

これの話、めっちゃ面白いです。

 

その昔、陸上の世界では1マイル(約1.6キロ)を4分以内で走りきることは、

「スポーツ最高のゴール」
「エベレスト登頂に匹敵する難しいもの」

と言われていました。

 

なぜなら、1923年から31年間記録が更新されることがなかったからです。

 

そんな中、31年越しに新記録を出す選手が現れました。

 

陸上業界は湧きに湧いたわけですが、

面白いのは” ココ ”からです。

 

なんと、その46日後、その記録を超える選手が現れたのです

そしてその後、不思議な事に、1年後までに22人もの選手が「1マイル4分」の壁を破ったのです。

偶然だったのか?
それとも奇跡だったのか?

そんな議論がスポーツ業界でされましたが、ある1つの結論は” シンプル ”なものでした

 

それは

思い込み

です。

 

「人間は同じグループに属する人ができることは、自分にもできる」

と信じる性質があります。

そして、逆に

「みんなに出来ないことは自分にもできない」

という悪い思い込みによって結果が左右されていたのです。

 

つまり、

『外部環境から強力な影響を受けていた』

という結論だったわけですね。

 

決して不思議なパワーではない

具体的なものではなく、目には見えない抽象的で捉えづらいのが『外部環境』ですが、

目に見えなくても僕らに影響を与えているものは身近にたくさんあります。

 

例えば、重力

りんごを手から離したら、ポトンと下に落ちるのは、『重力』があるから。

僕たちの目には見えないけど、地球の中心に向かって、下向きのチカラが働いています。

 

僕たちは知らず知らずに受けている影響って、そういうイメージだと思っていただけたらと!!

 

そして、先ほどあげた事例で思い当たる節があるのであれば、

外部環境によって僕たちはめちゃくちゃ影響を受けてるってことは、それを利用したらめちゃくちゃ進化できるんじゃないか?

と考えるのが自然ですよね。

 

ここで、今日の本題に戻ります。

モチベーション維持をするにはどうしたらいいのか?

 

この答えは、

ビジネスがしたくなる環境、もしくは、ビジネスをしなくてはならない環境を作ればいいのです

例えば、

ビジネス系のコミュニティに参加するのもありですし、SNSなどでビジネス仲間を作る。

とかですね。

 

「この日までにこのタスクを終わらせなかったら飯奢ります!」

と約束すれば制約が生まれるのでコミットしたくなります。

 

強制力を働かせるだけじゃなくて、

「この日、一緒にカフェで作業しましょう!」

とかでも、

「この日は、ZOOMを繋いで一緒に作業会しましょう!」

といったアプローチでもOKです。

もしくは、ビジネスのパートナーをつくって一緒に事業をつくるのもいいかと思います。

 

理想は、基準値の高い仲間をつくることです。

仕事終わりに1日5時間ビジネスをやるなんて当たり前。休日は12時間パソコンに向き合ってる

みたいなストイックな人と繋がるのがいいですね。

 

それは、そういう人と一緒にいれば、自分の限界値は変わります

さっきの『1マイルレース4分の壁』の例と同じで、

『自分の限界値という思い込み』が壊れていきます。

 

そして、外部環境が自分の生活の一部になれば、それは習慣を作ってくれます

 

これは1つの仕組み化、システム化のような話ですね。

 

「頑張る!」

と決意するのではなく、

「頑張れるようにする!」

と考えるのではなく、

「頑張ってしまう!」

というシステムを作っていくわけです。

もっと抽象化して考えると…

もう1段階、抽象化するといろんなことに応用できます。

 

あなたが無意識のうちに受けている影響はなんですか?

 

この問いから始めてみましょう。

そして、

自分の理想とする未来へと導いてくれる外部環境はどんなものでしょうか?

 

言い換えれば、

あなたの理想する未来への連れて行ってくれる乗り物にのっていますか?

ということなのです。

 

チャレンジをしようものなら、
「お前には絶対無理だから諦めろw」
と冷やかされる環境がいいのか?

それとも、チャレンジを応援してくれる環境がいいのか?

実際問題、無謀すぎる挑戦に関しては、
冷静に止めてくれる人がいるべきですが、

「どっちの乗り物(場)にいた方が、
より勇敢に冷静に挑戦できるのか?」

という議論をすれば、もちろん後者です。

 

他力本願に思えるかもしれませんが、

『意図して外部環境をデザインする』

という行動自体は”自力”です。

 

さて、最後に今日からできるアクションプランを紹介します。

外部環境をデザインするための4ステップ

今日からあなたがやるべき行動は以下の4つです。

ステップ1:自分が叶えたい未来像

ステップ2:現状、外部から受けている影響を知る


ステップ3:マイナスの影響を受ける外部環境から抜け出す


ステップ4:プラスの影響が受けられる外部環境をつくる

この順番で分析し、行動をすれば、あなたの目標に到達する可能性がグンと上がっていきます。

頭をつかわずにビジネスをしている人からすれば、チートしてるんじゃないかと思えるレベルでスピードがあがります。

 

ぜひとも外部環境を変化させ、ビジネスを高速で構築していってみてください。

 

今、BizCampで2日間の集中講座の企画をしているので、僕らが提供する環境もぜひつかってみてくださいね。

あわせて読みたい
2日間で人生は変えられる【企画のご案内】 「結局、何したらいいかわからない」問題を一撃解決します 『短期間で成功する人』と『長い時間かけても成功できない人』との...

それでは、最後に名言で締めくくらせていただきます!

 

人間が変わる方法は三つしかない。一つは時間配分を変える、二番目は住む場所を変える、三番目は付き合う人を変える、この三つの要素でしか人間は変わらない。もっとも無意味なのは、「決意を新たにする」ことだ。かつて決意して何か変わっただろうか。行動を具体的に変えない限り、決意だけでは何も変わらない。

大前研一|経営コンサルタント

 

それでは!

質問がありましたら、こちらのフォームから送ってください。

>>質問フォーム

そのご質問をテーマにしてコラムを書いていこうと思います。

 

「レベルの低いことを聞いたら悪いかな」と謙遜する人もいるらしんですが、自分と同じことを迷っている方って世の中にたくさんいます。

あなたの質問がすることで、救われる人はめちゃくちゃいます。

その方のためにも沢山質問してください。

 

「BizCampのメルマガを読んでいるだけで成果が出た」という報告をいただけるような最高のメール講座にしていくので、たくさん質問くださいね!

では!

質問や書いて欲しいテーマはこちらからどうぞ!

◯ 関連コンテンツ(一覧)

■ はみラジ067【夢が叶う】ドリームキラーの対処法(家族、友人、恋人、会社の人、ネット上の人)

■ 【基礎コン】人生が侵される 日常に溢れるノイズ

■ 【令和版】逆に斬新なSNSとの付き合い方